Tarte Tatin Blog

都内で活動しているアコースティックグループ タルトタタンのBlogです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシアンルーレット♪

今日は浅草ZINCでの企画ライブ、
台風接近中の中、たくさんのお客様が駆けつけてくださり、
アットホームな雰囲気でとても楽しくライブができました。
本当にありがとうございました

斉藤友博さん、個性的な演奏はツボでしたよ
ミソラさん、さちこさんの心あたたまる歌声と真さんの柔らかなギター。
またぜひご一緒させていただきたいです
ZINCのオーナーさん、斉藤さんもお世話になりました。

今回はだいごろうさんの手作りカントリーマアム、
ひろみん考案のロシアンルーレット
(3つの中の1つにラー油&タバスコ&からし入り)も盛り上がって
大成功でしたー
またぜひ色々企画してやりたいと思います。

浅草ZINCは雷門の真ん前だったんです。
101030_2204~0001


今日のちょうちんは寒いせいか、縮んでました
スカイツリーの完成ももうすぐでしたよ。
また遊びに行きたいですね。

次のライブは11月23日(火)です。
タルトは今年最後のライブになりそうですね
おやすみなさーい

かずみ






スポンサーサイト

自由が丘でケーキ

先日は自由が丘でリハだったので
みんなで美味しいケーキを食べに
私の大好きなお菓子屋さんパリセヴェイユへ

ひろみんはオレンジケーキ
兄さんはショコラケーキ
私はひときわ目についたバニラのババロア

101026_1747~0001


美味しいコーヒーと共に
しばし贅沢なひとときを楽しみました

ここは特にチョコレートケーキが美味しいのですが、
最近ではパンやクッキー、パウンドケーキなどを販売しているので
買い求める自由が丘マダムが列をなしていましたよ。
中でもコンフィチュールは酒類がたくさん増えていて
101026_1814~0001


「ボンムタタン」
なんていうのがありましたよ。
私たちのタルトタタンに似てるのね。

キャラメル風味のリンゴジャム
美味しそう

クイズコーナーを楽しみにしてくださっていた方
ごめんなさい。
もっと楽しい事を計画中なので
多いに笑って秋の夜長を楽しんでくださいな
土曜日の夜は浅草に集合!!

かずみ



本日のリハ

今夜はだいごろうさんと最後のリハでした。
ドラムやカホンを曲に合わせて使いわけることになりました。
今回もクイズコーナー、来てくださったお客様
全員へ手作りお菓子プレゼントや
ロシアンルーレット(あたりにわさび入り
などなど企画しているので、
和気あいあいと楽しいライブになりそうですよ。

帰りに兄さんとひろみんと3人で
池袋の天下一品へ。
生まれて初めて食べたこってりラーメン

101025_2234~0001

スープがほんとにこってり
にんにくみそを入れて食べたら
身体があったまっておいしかったです。

レパートリーもUPしたので
ぜひご覧になってくださいな
明日はクイズ内容を練りますよー

かずみ

ハロウィン~

今日はパーカッションのだいごろうさんと
初リハ

カホン、シンバル、チャイムなど色々なものを
持参してくれました。
リズムがプラスされるとこんなにも
音楽が生き生きとするんだなぁ。と実感
だいごろうさんありがとうございました

帰り際にみんなでライブの企画内容について
相談しながら帰りました
池袋のドンキホーテでこんなものを発見

101018_2221~0001

かぼちゃ帽子
ふわふわでかわいいですね。
女性陣もこんなものを購入

101019_0017~0001

かわいいー
何に使うかは…
おたのしみ(笑)

かずみ



対バン決まりました

10月だと言うのにまだ昼間は温かいですね。
リハの時はいつも身体より大きいギターを担いでいるので
汗だくです

さてこの度10月30日ライブの対バンがきまりました。
以前高円寺のライブでご一緒させていただいた
ギター&ボーカルユニットミソラさんと
稲葉兄さんのお友達
ギター弾き語り斉藤友博さんです!
ご協力ありがとうございます。
今回はボーカルグループを集めてみました

せっかく10月の終わりなので、
ハロウィンにちなんだイベントを企画しています。
ちなみに…ハロウィンて何でしょう?
私もよくわからなかったので調べてみました

ハロウィン(Halloween)は、キリスト教の諸聖人の日(万聖節)の前晩(10月31日)に行われる伝統行事です。
諸聖人の日の旧称"All Hallows"のeve(前夜祭)であることから、Halloweenと呼ばれるようになりました。

起源は、中世キリスト教にさかのぼります。
アイルランドのケルト人の収穫感謝祭がキリスト教に取り入れられたものとされています。

ケルト人の1年の終り、おおみそかは10月31日で、
この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていました。
これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いたそうです。
日本のお盆の迎え火、送り火にも似ているかもしれません。

ハロウィンのシンボルはもともとはチューリップだったのだそうですが、
アメリカにはなかったため、代わりに沢山あったパンプキンを使ったそうです。

ハロウィンまでに子供たちは、カボチャをくりぬいた中に蝋燭を立てて
「ジャック・オー・ランタン」(お化けかぼちゃ)を作ったり    
ハロウィン当日の夜、魔女やお化けに仮装します。
そして、「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」
と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねて歩きます。
家庭では、子供達は貰ったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりします。

なるほど…なんだか楽しそうなイベントですね。
豆知識でした

かずみ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。