Tarte Tatin Blog

都内で活動しているアコースティックグループ タルトタタンのBlogです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝撃!!


100622_1855~0001

今夜は兄さんと六本木ヒルズの中にある
大好きなリゴレットで食事をして、
そのあとスイートベイジルに私の知り合いのピアニストさん
一押しのライブに行って参りました。

その名も「サルガヴォ」
http://www.myspace.com/sallegaveau
ピアノ、ギター、アコーディオン、ベース、ヴァイオリンの
5名編成からなる、タンゴで有名なアストロピアソラの
音楽の可能性を目指しているグループなのですが、
一曲目からまさに
「開いた口がふさがらない」状態…
今まで聞いた事のない衝撃的な音楽でした。

それぞれ5人の役者が奏でる
展開の読めないドラマを
見ているような感覚…とでも言うのでしょうか

特に私の目に飛び込んできたのは
ヴァイオリニスト喜多直毅さんの感性。
時には動物の声、打楽器、電子音のような音など
楽器本来とはかけ離れたいくつもの音を使い分け、
まるで命を吹き込んだ分身と演奏を楽しんでいるよう。

演奏家プロ集団の表現力の爆発だ
と感じました。
それはもう聞いた人しかこの衝撃はわからないと
思います。
世界中探しても、こんなグループは
果たしているでしょうか?
(いや、いないと思います…漢文みたい 笑)

5名の中で2名ほど国立音大の先輩だったとわかって
とても嬉しかったです。
兄さんも「すごかった…もう今夜はおなかいっぱい」と
言っておりました

私も帰り際はしばらく興奮さめやらず、
ドキドキしてしまいました
ライブを聞いてこんな感覚は初めて…
ご紹介いただいたピアニストさんに感謝です。

7月から10月にかけて日本ツアー&
ヨーロッパツアーに出かけるそうですよ。
今後の活躍に多いに期待ですね。
もっとたくさんの人に聞いてほしいな。
そして私はまた8月の関内ライブを
聞きに行っちゃおうかな

かずみ



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tartetatin2007.blog100.fc2.com/tb.php/137-4b15c5a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。